日 刊

給油許可・作業省力化 外国人活用盛り込む 資源・燃料分科会で議論(2019年6月10日主な記事から)

経済産業省は6日、総合資源エネルギー調査会資源・燃料分科会(第27回=白石隆分科会会長)を開催。SS過疎地対策として、SSは燃料販売だけでなく、地域住民にとって身近な生活サービスを提供する「コミュニティ・インフラ」としての機能をより強化し、維持・発展していくことが求められているとし、保安規制の見直しなどを検討していくことが示された。

新聞購読の申込みはこちら

関連記事

日 刊 経産省の国庫補助事業 全石連が申請受付開始 過疎化、人手不足に対応(2019年6月26日主な記事から) 全石連は21日から、経済産業省の国庫補助事業「次世代燃料供給体制確立に向けた技術開発・実証補助金」と「SS過疎地対策計画策定支援事業補助金」の申請受付を開始した。 締切は7月12日。...

続きを読む

日 刊 石油連盟・全石連“SS過疎地”で全国初の自動給油機による灯油販売実証を開始(2017年11月27日主な記事から) 石油連盟(木村康会長)は「灯油自動給油機と少量容器を活用した灯油供給実証事業」を奈良県川上村のふれあいセンター(かわかみらいふ事務所)で始めた。 同村は村内にSSが1カ所しかないSS過疎地で、公共施...

続きを読む

日 刊 エネ庁「SS過疎地対策協議会」SS維持に向け自治体ごとにアクションプラン策定など促していく(2017年5月29日主な記事から) 資源エネルギー庁は25日、第4回「SS過疎地対策協議会」を開催し、SS過疎地における生活環境維持に必要な燃料アクセスの観点から、地方自治体や石油販売業者、元売、国が協力して対応と方策を協議した。 全...

続きを読む


〒104-0033
東京都中央区新川2-6-8
TEL: 03(3551)9201
FAX: 03(3551)9206