日 刊

資源エネルギー庁4日発。石油製品「小売市況」調査結果。レギュラーガソリン全国平均151円80銭(2018年7月6日主な記事抜粋から)

資源エネルギー庁が4日に発表した石油製品小売市況調査によるとレギュラーガソリンの全国平均価格は2日時点で6月25日の調査から10銭下げて151円80銭。この4週は0円もしくはマイナス10銭の動きしかなく、市場に停滞感が漂う。
OPECやロシアの増産懸念、不透明なイラン情勢なども影響を与えていそうだ。
上昇した地域は価格幅は小さく、最大で沖縄の90銭、価格は157円80銭。2番目が東京、神奈川、愛媛の40銭。価格は東京152円10銭。神奈川150円。愛媛154円。神奈川が150円に達した。

新聞購読の申込みはこちら

関連記事

日 刊 資源エネルギー庁15日発。石油製品「小売市況」調査結果(2018年8月17日主な記事から) 「小売市況」調査結果によると、レギュラーガソリンの全国平均価格は13日時点で6日の調査から変わらず152円10銭。これで3週続けて動きがなく、市場は停滞状態を脱していない。 マイナスの地域で下げ幅が...

続きを読む

日 刊 資源エネルギー庁発。石油製品「小売市況」調査 ガソリン全国平均152円10銭(2018年8月3日主な記事から) 資源エネルギー庁1日発表。小売市況調査。レギュラーガソリン全国平均価格は7月30日時点で20銭下げて152円10銭。今回は4週ぶりのマイナス値。ただ、この7週は50銭の振れ幅しかなく、市場は停滞状態か...

続きを読む

日 刊 資源エネルギー庁25日発 石油製品「小売市況」調査 ガソリン全国平均152円30銭で止まる(2018年7月27日主な記事抜粋から) 資源エネルギー庁が25日に発表した石油製品「小売市況」調査結果によると、レギュラーガソリンの全国平均価格は23日時点で17日の調査から変化なく、152円30銭。 ここにきて値上げの動きは止まった。...

続きを読む

日 刊 資源エネルギー庁発。9日時点ガソリン価格152円に上昇、5週ぶり 上げ幅は20銭でいまだ停滞感(2018年7月12日主な記事抜粋から) 資源エネルギー庁が11日に発表した石油製品「小売市況」調査結果によると、レギュラーガソリン全国平均価格は9日時点で2日の調査から20銭アップして152円。5週ぶりの上昇となった。まだ市場の停滞感は拭え...

続きを読む


〒104-0033
東京都中央区新川2-6-8
TEL: 03(3551)9201
FAX: 03(3551)9206