日 刊

2018年「全国昭和シェル会総会」特約店と一体・継続的な成長目指す 出光興産との協同事業を強化・推進(2018年4月18日主な記事抜粋から)

全国昭和シェル会(板橋邦夫会長)は16日、総会を開き、会員64人と昭和シェルグループ社員を含めて約130人が出席した。
板橋邦夫会長(イタバシ会長)のあいさつの後、亀岡剛・昭和シェル石油社長は「出光興産との経営統合に関する考え方は変わらない。協働事業の強化・推進を行っていく。SS法人カードの相互乗り入れや資材の共同調達など、国内石油事業をはじめとする取組みも引き続き進めていく」と述べた。

新聞購読の申込みはこちら

関連記事

日 刊 2019年「全国昭和シェル会」開催 新会長に江崎武人・エザキ社長選出(2019年3月6日主な記事から) 昭和シェル石油は4日、2019年「全国昭和シェル会」(会長・板橋邦夫イタバシ会長)総会をグランドニッコー東京台場で開催。新会長に江崎武人氏(エザキ社長)が選ばれた。 板橋会長は「2年間会長を務め、皆...

続きを読む

日 刊 昭和シェル石油 昨年12月末SS数 総数2,967カ所(93カ所減)(2019年2月1日主な記事から) 昭和シェル石油の昨年12月末のSS数は、前年同月比93カ所減少の2,967カ所となった。 このうち、社有SSは768カ所で20カ所の減少。特約店運営は2,199カ所で73カ所の減。 業態別ではフル...

続きを読む

日 刊 昭和シェル石油 10月中旬顧客ニーズ一元管理 SS収益向上につなぐ(2018年9月18日主な記事から) 昭和シェル石油は、10月中旬を目安にマーケティングサービスの「シェルコネクト」を展開する。 POSデータを活用して顧客・車両・接客情報の一元的な管理・蓄積を行うことで、多様化する消費者ニーズに対応。...

続きを読む

日 刊 クラゲ事業化へ 昭和シェルが検討(2018年9月11日主な記事から) 昭和シェル石油は4日、理化学研究所発のベンチャー企業である海月研究所とクラゲの採取およびコラーゲンやムチンなどの化粧品・衣料品の原料成分の生産に関する共同事業化について基本合意書の締結を発表した。 ...

続きを読む


〒104-0033
東京都中央区新川2-6-8
TEL: 03(3551)9201
FAX: 03(3551)9206