日 刊

昨年11月の原油輸入量(2017年1月6日主な記事から)

資源エネルギー庁が発表した2016年11月分の石油統計速報によると原油輸入量は1,498万キロリットルで前年同月比96.3パーセントと5ヶ月連続で下回った。中東依存度は88.4パーセントと前年同月から6.3パーセント増加。13ヶ月連続で前年を上回った。

輸入量の多い順に見ると
①サウジアラビア(構成比39.2パーセント)
②アラブ首長国連邦(構成比24.5パーセント)
③イラン(構成比7.6パーセント)
④カタール(構成比7.5パーセント)
⑤ロシア(構成比5.3パーセント) となっている。

新聞購読の申込みはこちら

関連記事

日 刊 本紙集計 原油コスト1.7円ダウン(2021年3月30日付 主な記事から) 本紙が集計した週刊(23日~29日)原油コストは、前週から約1.7円安となった。新型コロナウイルスの変異株の感染が世界的に広まっており、スエズ運河の大型コンテナ船の座礁で反発したが、需要先行きへの不透...

続きを読む

日 刊 本紙集計 原油コスト2円超上昇(2021年3月日15日付 主な記事から) 本紙が集計した今週の原油コストは、前週から2円超のプラス。6週連続で上がった。ワクチン接種によるコロナ禍の終息への期待が原油価格を押し上げていることに加えて、世界経済回復への期待感から円安も進んだこと...

続きを読む

日 刊 本紙集計(19日~25日)の原油コスト 前週より約0.2円安(2021年1月27日付 主な記事から) 本紙が集計した今週(19日~25日)の原油コストは、前週から約0.2円安となった。およそ11週ぶりにマイナスに転じた。好材料は出尽くした感があり、中国やフランスでの「ロックダウン」など、世界的な新型コ...

続きを読む

日 刊 原油価格が急騰 ドバイ原油8ドル10セント高(2019年9月18日主な記事から) 9月14日のドローンによるサウジアラビアへの石油施設の攻撃で、中東情勢が緊迫。サウジアラムコが受けた被害は日量約570万バーレル。世界最大級の産油国であるサウジの生産能力の約半分がストップ。 WTI...

続きを読む


〒104-0033
東京都中央区新川2-6-8
TEL: 03(3551)9201
FAX: 03(3551)9206