日 刊

石油連盟・全石連“SS過疎地”で全国初の自動給油機による灯油販売実証を開始(2017年11月27日主な記事から)

石油連盟(木村康会長)は「灯油自動給油機と少量容器を活用した灯油供給実証事業」を奈良県川上村のふれあいセンター(かわかみらいふ事務所)で始めた。
同村は村内にSSが1カ所しかないSS過疎地で、公共施設を利用した灯油販売は全国初の取り組みとなる。
奥田真弥石油連盟専務理事は「川上村に唯一のSSからふれあいセンターまで10キロメートル離れている。車がある人はSSまで灯油を買いに行けるが高齢者などは配送に頼っている。そうした方々に安心して供給するのが本事業の目的であります」とあいさつ。
栗山忠昭・川上村村長は「村の思いが石油連盟・タツノなど関係各位のご協力のお陰でこうした形になった事に感謝を申し上げたい」と謝辞を述べた。
同事業は石油連盟の拠出金(約250万円)と全石連の補助金(約250万円)を活用して同センター敷地内に地上タンク(914リットル)と、石連とタツノが共同開発した灯油自動給油機を設置した5リットルの専用少量ポリタンクで村民に販売する。

新聞購読の申込みはこちら

関連記事

日 刊 満タン&灯油プラス1缶運動 9月1日の「防災の日」からスタート(2018年8月31日主な記事から) 全石連と全国47都道府県石油組合が取り組む「満タン&灯油プラス1缶運動」が昨年に引き続き9月1日の防災の日からスタート。 石油連盟(月岡隆会長)と全日本トラック協会、日本ガソリン計量機工業会が協賛し...

続きを読む

日 刊 全石連3団体「福岡総会」を開催 -精販ウィンウィンの関係、安定供給の実行-(2018年6月15日主な記事抜粋から) 全石連(全石商・協・石油協会)は14日、2018年度定時総会を福岡市の会場で開催した。来賓に月岡隆・石連会長、平木大作・経済産業大臣政務官、礒山誠二・福岡商工会議所会頭はじめ、元売各社社長、全国47都...

続きを読む

日 刊 全石連関東支部総会「協調と共生の精神で」 1都10県から70人参加(2018年6月11日主な記事抜粋から) 全石連関東支部(浜田忠博支部長)は7日、茨城県水戸市で2018年通常総会を開催した。 1都10県の正副理事長および専務理事など約70人が出席した。浜田支部長は冒頭のあいさつで「石油業界を取り巻く環境...

続きを読む

日 刊 全石連SS経営革新部会が公表 経営存続に活用できる取組紹介 SS経営革新ガイドブック(2018年5月31日主な記事抜粋から) 全石連のSS経営革新部会(出光泰典部会長)はこのほど、中小SS経営者向けに「SS経営革新ガイドブック2018」を公表した。 ガイドブックは2年前に設立された同部会の活動(2016~2017年度)の成...

続きを読む


〒104-0033
東京都中央区新川2-6-8
TEL: 03(3551)9201
FAX: 03(3551)9206