日 刊

出光など3社で搾乳牛の消化管由来メタン測定試験開始(2024年7月10日の記事から)

出光興産の関係会社のエス・ディー・エスバイオテックは7月8日、出光およびファームノートホールディングス(北海道帯広市、小林晋也代表取締役)と、サステナブルな酪農畜産経営を実現するために三社共同試験を開始した。
ファームノートHDグループ内のファームノートデーリィプラットフォーム(ファームノートDP、北海道中標津町、平勇人代表取締役)は、管理搾乳頭数670頭、全飼養頭数1450頭の酪農経営牧場。
ここで飼養する搾乳牛に、機能性飼料「カシューナッツ殻液含有飼料」を給与し、給与前後での個体ごとのメタン排出量の削減効果を測定する試験を開始した。
エス・ディー・エスバイオテックはカシューナッツ殻液含有飼料の供給とメタンガス測定の協働を担当する。

新聞購読の申込みはこちら

関連記事

日 刊 2024年全国apolloロイヤルマネジャー会に600人参加(2024年6月28日の記事から) 出光興産は6月25日、2024年度全国apolloロイヤルマネジャー(aRM)会を開催。 同社は今後もaRM資格制度を通じて店舗経営のプロフェッショナルを育成し、お客の豊かな暮らしに貢献するSSづく...

続きを読む

日 刊 出光、韓国SK社と有機EL材料を共同開発(2024年6月26日の記事から) 出光興産は6月21日、SK materials JNC CO., LTD.(韓国京畿道華城市)と有機EL材料である、ホウ素系蛍光青色ドーパント材料と、ホウ素系蛍光青色ドーパント材料に最適な蛍光青色ホス...

続きを読む

日 刊 出光など4社で「クロスメンタリング」スタート(2024年6月3日の記事から) 出光興産は5月29日、東京海上日動火災保険、帝人、リコーとともに、女性管理職の自律的キャリア形成やジェンダーギャップの解消を目的として、「クロスメンタリング」(第2期)を実施することを発表した。時期は...

続きを読む

日 刊 出光、ENEOSなど4社が自動車向けCN燃料の導入・普及を検討(2024年5月29日の記事から) 出光興産、ENEOS、トヨタ自動車および三菱重工業は5月27日、カーボンニュートラル(CN)社会の実現を目指して、自動車の脱炭素化に貢献する「CN燃料」の導入・普及に向けた検討を開始した。 日本国内...

続きを読む


〒104-0033
東京都中央区新川2-6-8
TEL: 03(3551)9201
FAX: 03(3551)9206