日 刊

エネ庁発表、2018年度末時点住民拠点SS 3,498カ所(2019年4月10日主な記事から)

資源エネルギー庁発。住民拠点サービスステーション一覧によると、2018年度末(3月末)の全国合計は3,498カ所で、1月末比835カ所増加した。
北海道の463カ所をはじめ、100カ所超えは10県。全国3万カ所のSSのうち、大規模災害発生時におけるエネルギー供給の“最後の砦”として、石油製品の供給確保に尽力することになる。

新聞購読の申込みはこちら

関連記事

日 刊 資源エネルギー庁、災害対応ガイドラインを「住民拠点SS」に配布 運営状況や在庫状況など報告手順まとめる(2018年1月16日主な記事から) 資源エネルギー庁は、2019年度末までに約8,000カ所の整備を進める「住民拠点SS」向けの災害対応ガイドラインを策定した。 災害時の営業状況に関する報告など災害が発生した際に住民拠点SSがガソリン...

続きを読む

日 刊 山梨石商、新体制後初の支部長会「平時も住民生活を支える」“満タン運動”SS整備を(2017年6月26日主な記事から) 山梨県石商(西川一也理事長)は20日、支部長会を開催した。席上、西川理事長は「満タン&プラス灯油1缶運動」と「住民拠点SSの整備」が政府の「国土強靭化アクションプラン2017」に盛り込まれるなどの動き...

続きを読む


〒104-0033
東京都中央区新川2-6-8
TEL: 03(3551)9201
FAX: 03(3551)9206