日 刊

灯油シーズン間近 11月第2週 今秋初の20万キロリットル超、マージン一定水準を確保(2019年11月20日主な記事から)

11月も下旬となり、首都圏でも灯油シーズンの幕開けが直前となっている。東京の最低気温が10度を下回る日が出ている。
石油週報から算出した11月第2週の出荷量は、前週から26.4パーセント伸びて22万8,000キロリットルとなり、今秋になって初めて20万キロリットルを超えた。首都圏の地場業者は「灯油シーズンの本格突入にはまだ早い」としながらも、量販セルフでは1日平均販売量が1キロリットルを突破したところもあり、シーズン入りを実感している。

新聞購読の申込みはこちら

関連記事

日 刊 11月第4週の石油製品出荷 灯油30万キロリットルに迫る。ガソリンは90万キロリットル台(2018年12月3日主な記事から) 石油連盟が11月28日公表した同月第4週(18日~24日)の石油週報から算出して、ガソリンの出荷量は前週から1万1,545キロリットル(1.2パーセント)増えて94万4,381キロリットルとなった。 ...

続きを読む

日 刊 満タン&灯油プラス1缶運動 9月1日の「防災の日」からスタート(2018年8月31日主な記事から) 全石連と全国47都道府県石油組合が取り組む「満タン&灯油プラス1缶運動」が昨年に引き続き9月1日の防災の日からスタート。 石油連盟(月岡隆会長)と全日本トラック協会、日本ガソリン計量機工業会が協賛し...

続きを読む

日 刊 石油連盟木村会長定例会見 灯油安定供給に注力、原油価格は当面65ドル台で推移(2018年1月26日主な記事から) 石油連盟の木村康会長は25日の定例会見で寒波による大雪の影響にふれ「石油各社は万全の態勢で灯油の安定供給に努める」と述べた。 また、原油価格は当面65ドル台で推移するだろうと語った。...

続きを読む

日 刊 石油連盟・全石連“SS過疎地”で全国初の自動給油機による灯油販売実証を開始(2017年11月27日主な記事から) 石油連盟(木村康会長)は「灯油自動給油機と少量容器を活用した灯油供給実証事業」を奈良県川上村のふれあいセンター(かわかみらいふ事務所)で始めた。 同村は村内にSSが1カ所しかないSS過疎地で、公共施...

続きを読む


〒104-0033
東京都中央区新川2-6-8
TEL: 03(3551)9201
FAX: 03(3551)9206