日 刊

経産省「日本はCN燃料の資源国になれる」(2024年1月23日の記事から)

経済産業省は1月19日、資源開発・燃料供給小委員会(第20回、委員長=平野正雄早稲田大学教授)を開催。公的機関が発表するLNG需要予測について、多くの委員が複数のシナリオを提示し、需要の幅を示す必要性を指摘した。
石油連盟の奥田真弥専務理事は、化石燃料について日本は資源に乏しく、海外に依存せざるを得ないものの、カーボンニュートラル燃料は、水素を国産化するなど、取り組み次第で日本を資源国に変えることができると指摘。
海外での開発のみならず、国内での開発も視野に入れて議論することを訴えた。

新聞購読の申込みはこちら

関連記事

日 刊 コスモエネルギーグループ初「廃棄物処理での電力」を藤沢市の87公共施設に供給(2024年4月17日の記事から) コスモ石油マーケティングとコスモエネルギーソリューションズは、神奈川県藤沢市(鈴木恒夫市長)の北部環境事業所の廃棄物処理時に発電する電力を、藤沢市本庁舎や市立小中学校など87施設へ4月1日から供給開始...

続きを読む

日 刊 出光と東大が「CN領域における次世代技術の開発」共同研究(2024年4月15日の記事から) 出光興産は、東京大学先端科学技術研究センター(東大先端研、杉山正和所長)および生産技術研究所(東大生研、年吉洋所長)と包括連携研究に関する協定を締結し、4月1日から共同研究を開始した。 この共同研究...

続きを読む

日 刊 出光と全農グレイン協業がSAFの原料確保と北米でのビジネス展開(2024年4月12日の記事から) 出光興産は4月11日、全国農業協同組合連合会の子会社の全農グレイン(米国・ルイジアナ州)と、「SAFサプライチェーン構築の戦略的協力」に関する覚書(MOU)を締結したことを発表した。 これは、持続可...

続きを読む

日 刊 JX石油開発が米国の大規模SAF事業に参画(2024年4月11日の記事から) JX石油開発は4月9日、住友商事が米国ルイジアナ州で開発中の大規模SAF(持続可能な航空燃料)・BECCS(バイオ燃料とCO2の回収・貯留)事業に参画するため、コンソーシアム契約を締結したと発表した。...

続きを読む


〒104-0033
東京都中央区新川2-6-8
TEL: 03(3551)9201
FAX: 03(3551)9206