日 刊

浮体式の洋上風力発電は政府の主導的後押し必要(2024年7月9日の記事から)

経済産業省は7月8日、総合資源エネルギー調査会基本政策分科会(第58回、委員長=隅修三東京海上日動火災保険相談役)を開催。脱炭素電源の現状と課題について議論した。
日本エネルギー経済研究所の寺澤達也理事長は浮体式洋上風力発電について、政府がもっと前に出て主導的に後押しすることが必要と指摘した。
分科会で旭化成の小堀秀毅会長は、市場原理では困難な水素・アンモニアの市場形成やサプライチェーンの整備、CCUS(CO2の回収・貯留と利用)の導入など、エネルギー政策への国の関与強化を求めた。
また、エネルギー供給の安定化の観点から、ガス火力発電とCCUSの組み合わせに注力することを要望した。

新聞購読の申込みはこちら

関連記事

日 刊 コスモが岩谷産業と資本業務提携、水素や再エネへのスムーズな移行へ(2024年4月25日の記事から) コスモエネルギーホールディングスおよび岩谷産業は、4月23日開催の両社の取締役会において、資本業務提携契約を締結することを決議した。 両社は2050年のカーボンニュートラルに向けて、エネルギー需要が...

続きを読む

日 刊 石連・木藤会「水素社会促進法」「CCS事業法」成立に期待(2024年2月26日の記事から) 石油連盟の木藤俊一会長は2月22日の定例会見で、政府が今月13日に閣議決定した「水素社会促進法」と「CCS事業法」の両法案が、GX(グリーントランスフォーメーション)実現に向け今国会で成立することに期...

続きを読む

日 刊 ENEOSが仏・エア・リキード社と水素ST拡大へ協業(2023年11月20日の記事から) ENEOSは11月15日、仏・エア・リキードと、日本における低炭素な水素の開発促進とエネルギートランジションの実現に向けて協業していくことで合意。 覚書(MOU)を締結したことを発表した。 下流分...

続きを読む

日 刊 ENEOSとJFEが水島コンビナートでのCO2フリー水素活用を検討(2023年11月2日の記事から) ENEOSとJFEスチールは10月30日、水島コンビナート(岡山県倉敷市)におけるCO2フリー水素の利活用に関する共同検討を開始したと発表した。 水島製油所で水素の貯蔵・運搬に適した水素キャリアであ...

続きを読む


〒104-0033
東京都中央区新川2-6-8
TEL: 03(3551)9201
FAX: 03(3551)9206