日 刊

ENEOSがDAC装置の見学会、合成燃料製造の切り札(2024年1月25日の記事から)

ENEOSは1月23日、中央技術研究所(横浜市中区)に導入した大気からのCO2回収装置(DAC)のメディア向け見学会を開催した。
同研究所先進技術研究所の高野香織低炭素技術グループマネージャーは、将来的に合成燃料の原料となるCO2について、脱炭素化で比較的安価に回収できる産業排ガスが減っていくと指摘。
原料不足に対応するためDACを導入し、大気からCO2を回収する技術の評価に着手したと述べた。

新聞購読の申込みはこちら

関連記事

日 刊 ENEOSが大気中のCO2回収を実証開始(2023年12月15日の記事から) ENEOSは、Climeworks社製の大気中のCO2を回収する装置(DAC)を、アジア太平洋地域で初めて中央技術研究所内に導入。12月8日から実証試験を開始した。 同社のDACを導入することで、大...

続きを読む

日 刊 ENEOSが仏・エア・リキード社と水素ST拡大へ協業(2023年11月20日の記事から) ENEOSは11月15日、仏・エア・リキードと、日本における低炭素な水素の開発促進とエネルギートランジションの実現に向けて協業していくことで合意。 覚書(MOU)を締結したことを発表した。 下流分...

続きを読む

日 刊 ENEOSと韓国SKIが共同でSAF事業化へ(2023年11月6日の記事から) ENEOSは10月31日、韓国最大手の石油精製・石油化学製品販売会社のSKイノベーション(SKI)およびその子会社と、済州島西帰浦市でエネルギー供給の安定化と脱炭素化に向けた協業検討を行う主旨の覚書を...

続きを読む

日 刊 ENEOSとJFEが水島コンビナートでのCO2フリー水素活用を検討(2023年11月2日の記事から) ENEOSとJFEスチールは10月30日、水島コンビナート(岡山県倉敷市)におけるCO2フリー水素の利活用に関する共同検討を開始したと発表した。 水島製油所で水素の貯蔵・運搬に適した水素キャリアであ...

続きを読む


〒104-0033
東京都中央区新川2-6-8
TEL: 03(3551)9201
FAX: 03(3551)9206