油脂版

「第26回カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト」3部門の表彰を実施(2018年7月2日油脂版主な記事抜粋から)

カリフォルニア・レーズン協会(ジェフリー・マクニール駐日代表)は、6月22日・23日の両日、「第26回 カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト」の最終実技審査を東京都江東区の日本パン技術研究所で行った。表彰式は23日に東京都千代田区のホテルグランドパレスで行われ、大賞3人を含む合計11人の入賞者が表彰された。
同コンテストは、カリフォルニア・レーズンを使った新製品の開発とその商品化を目的に実施。26回目の今年は、「ホールセール/コンビニエンス部門」(工場生産ラインで製造、完全包装し、卸で販売するパン)、「フレッシュ/インストア/リテール製品部門」(ベイクオフやオールスクラッチなどで生産し、無包装で販売するパン)、カリフォルニア ミルク協会の特別協賛による「カリフォルニア産チーズ部門」(カリフォルニア産チーズとカリフォルニア・レーズンを使用したパン)の計3部門で作品を募集した。その結果、日本全国から計158作品の応募があり、第1次書類審査で選出された21人のファイナリストが最終審査に臨んだ。
審査の結果、カリフォルニア・レーズン大賞は、ホールセール/コンビニエンス製品部門ではフランソアの指方明日美さんの「秋のご馳走」が、フレッシュ/インストア/リテール製品部門ではポンパドウルの内海美鶴さんの「カフェ・オ・レザン」が受賞した。カリフォルニア産チーズ部門では、ラ・タヴォラ・ディ・オーヴェルニュの松岡瞳さんの「3種チーズと彩り野菜のミルフィーユ ~ふるさとの味~」が、カリフォルニア・チーズ大賞に選ばれた。

新聞購読の申込みはこちら

関連記事

油脂版 カリフォルニア・レーズン協会「2018/2019年度マーケティング活動計画」記者発表会(2018年10月1日油脂版主な記事抜粋から) カリフォルニア・レーズン協会(ジェフリー・マクニール駐日代表)は、9月18日に東京都千代田区のホテルメトロポリタン エドモントで「2018/2019年度マーケティング活動計画」記者発表会を行った。 ...

続きを読む


〒104-0033
東京都中央区新川2-6-8
TEL: 03(3551)9201
FAX: 03(3551)9206