日 刊

TOYO TIRE「T-MODE」活用 リアルタイムシミュレーション技術とスノー予測技術を確立(2020年3月17日主な記事から)

TOYO TIRE(清水隆史社長)はこのたび、CAE(Computer Aided Engineeringの略、コンピューター支援技術)とAIを融合した自動車用タイヤ開発プロセス「TOYO TIRE(Tモード)」を活用し、リアルタイムシミュレーション技術とスノー予測技術を新たに確立した。
従来の開発プロセスでは、設計仕様をインプットしてシミュレーションを実行し、算出された性能値が目標性能に到達するまで、設計仕様を修正して再度シミュレーションを繰り返していた。この頻度が多くなると、全体のプロセスタームは長くなる。「TOYO TIRE」では、SPDM(Simulation Process and Data Managementの略、各種データを一元管理し、標準化されたプロセスを共有できる基盤システム)を活用し、これまでのシミュレーションで蓄積したさまざまなデータを集約することに成功した。
同社はこれらのデータを活用し、設計仕様をインプットすれば、AI技術を介してタイヤ性能の予測値を瞬時に導き出すことができるという、画期的なリアルタイムシミュレーション技術を確立した。

新聞購読の申込みはこちら

関連記事

日 刊 ブリヂストン 新商品「Playz PXⅡ」コンセプトは「雨に強い、長く強い。疲れにくいだけじゃない。」ドライバーの安心・安全を長く支え続けるタイヤ(2020年5月14日主な記事から) ブリヂストンが今年2月から販売している「Playz(プレイズ)」ブランドの新商品「Playz PXⅡ」は、「雨に強い、長く強い。疲れにくいだけじゃない。」が商品コンセプトである。「非対称形状」が、運転...

続きを読む

日 刊 TOYO TIRE マテリアルズ・インフォマティクス利用 ゴム材料の特性予測、材料構造の最適化(2020年5月12日主な記事から) TOYO TIRE(清水隆史社長)は、社会の要請に応える高性能なタイヤを開発、提供するために、独自のゴム材料開発基盤技術「Nano Balance Technology(ナノバランステクノロジー)」の...

続きを読む

日 刊 TOYO TIRE JAOSと戦略的パートナーシップ締結(2020年4月8日主な記事から) TOYO TIRE(清水隆史社長)はこのたび、ジャオス(JAOS、赤星大二郎社長)と戦略的パートナーシップを締結した。 JAOSは、SUV・四輪駆動車向けを中心にオリジナルの自動車用品を企画・製造・...

続きを読む

日 刊 横浜ゴム スタッドレスタイヤ勉強会 オールシーズンタイヤ「BluEarth-4S AW21」商品説明(2020年3月30日主な記事から) 横浜ゴム(山石昌孝社長)は、2月3日から4日にかけて北海道旭川市でメディア向け「スタッドレスタイヤ勉強会・試乗会」を行った。 3日に旭川市の星野リゾート OMO7で行われた「スタッドレスタイヤ勉強会...

続きを読む


〒104-0033
東京都中央区新川2-6-8
TEL: 03(3551)9201
FAX: 03(3551)9206