日 刊

経産省、CO2貯留に新規制を整備(2023年12月1日の記事から)

経済産業省は11月28日、カーボンマネジメント小委員会と産業保安基本制度小委員会の合同会議を開き、CCS(CO2の回収・貯留)における保安の考え方を示した。
減衰した油ガス田にCO2を圧入して生産量を増やすEOR・EOG(石油・ガスの増進回収)の類似性にかんがみ、CO2貯留事業は鉱山保安法も踏まえつつ、新たに体系的に保安規制を作る。
他方で、CO2の貯留は、石油などの採掘がなく、CO2が地下にとどまり続けるなどの違いがある。EORなどに比べて、地下構造や状況などを考慮することが必要だ。
CO2の圧入に伴う地下構造の保護へ、必要なリスク・マネジメントの実施や圧入作業への反映などを事業者に要請。運用に際して、外部有識者の知見などを取り入れるプロセスを設ける。

新聞購読の申込みはこちら

関連記事

日 刊 伊藤忠エネクスが法人向けCN給油カード追加(2024年2月13日の記事から) 伊藤忠エネクスは2月7日、法人向け給油カードサービスに、カーボンクレジットによるオフセットを付与した「カーボンニュートラル(CN)給油カード」を追加したと発表した。 車両の燃料となるガソリンと軽油の...

続きを読む

日 刊 ENEOSがDAC装置の見学会、合成燃料製造の切り札(2024年1月25日の記事から) ENEOSは1月23日、中央技術研究所(横浜市中区)に導入した大気からのCO2回収装置(DAC)のメディア向け見学会を開催した。 同研究所先進技術研究所の高野香織低炭素技術グループマネージャーは、将...

続きを読む

日 刊 経産省「日本はCN燃料の資源国になれる」(2024年1月23日の記事から) 経済産業省は1月19日、資源開発・燃料供給小委員会(第20回、委員長=平野正雄早稲田大学教授)を開催。公的機関が発表するLNG需要予測について、多くの委員が複数のシナリオを提示し、需要の幅を示す必要性...

続きを読む

日 刊 コスモ石油が山梨・上野原市本庁などに再エネ100%電力を供給(2024年1月19日の記事から) コスモ石油マーケティングは、山梨県上野原市(村上信行市長)の市本庁舎および小中学校など22施設に再生可能エネルギー100%の電力(再エネ電力)を1月1日から供給開始した。 山梨県内の自治体では初めて...

続きを読む


〒104-0033
東京都中央区新川2-6-8
TEL: 03(3551)9201
FAX: 03(3551)9206