日 刊

ENEOSと東急不動産が廃食油をSAF原料に(2024年2月9日の記事から)

ENEOSは2月7日、東急不動産と、廃食油をSAF(持続可能な航空燃料)の原料として活用する取り組みに関する基本合意書を締結したと発表した。
廃食油は、ENEOSの和歌山製造所(和歌山県有田市)で事業化を進めるSAFの製造プラントで使用される。
昨年11月に開業した複合商業施設「ココノススキノ(札幌市中央区)」や、東急不動産グループの東急リゾーツ&ステイが全国に展開、運営するホテルやゴルフ場29カ所で廃食油を回収。
ココノススキノは、施設で出るすべての廃食油をSAFに活用することを目指しており、実現すれば全国初の取り組みとなる。

新聞購読の申込みはこちら

関連記事

日 刊 ENEOS「サーバー用液浸冷却液」を今年度めどに販売(2024年2月8日の記事から) ENEOSは2月5日、カーボンニュートラル社会の実現に貢献する、サーバー用液浸冷却液「ENEOS IX」シリーズを、年度内をめどに販売を始めると発表した。 添加剤処方技術で、使用期限の長期化を可能と...

続きを読む

日 刊 ENEOSが「新エネ大賞」の審査委員長特別賞を受賞(2024年2月6日の記事から) ENEOSのグリーン水素サプライチェーン構築を目指した新規電解技術の開発と海外実証が1月31日、今年度の「新エネ大賞(主催=新エネルギー財団)」審査委員長特別賞を受賞した。 従来のプロセスと比較して...

続きを読む

日 刊 ENEOSがDAC装置の見学会、合成燃料製造の切り札(2024年1月25日の記事から) ENEOSは1月23日、中央技術研究所(横浜市中区)に導入した大気からのCO2回収装置(DAC)のメディア向け見学会を開催した。 同研究所先進技術研究所の高野香織低炭素技術グループマネージャーは、将...

続きを読む

日 刊 ENEOSがサステナブルな養豚業実現へ検討開始(2024年1月22日の記事から) ENEOSホールディングスは1月18日、Eco-Pork(東京都千代田区、神林隆代表)と、養豚業界を起点とした脱炭素・循環型社会の実現に向け協業していくことで合意。共同検討を開始したと発表した。 E...

続きを読む


〒104-0033
東京都中央区新川2-6-8
TEL: 03(3551)9201
FAX: 03(3551)9206